Effective Remote Working Tips for You あなたための効果的なテレワークのヒント

To control the spread of Covid-19, the government has enforced Movement Control Order (MCO). Many organizations are affected and especially those who work in the service industry as working from home isn’t an option for their business nature. Whereas, to cope with the current situation, many organizations have since trying to sort out how they can adapt to the work from home culture. Employees are required to work from home in order to minimize the damage caused to the company during this pandemic.

Covid-19の拡散を抑制するために、政府は回路遮断器を実装しました。多くの組織、特にサービス業界で働いている組織が大きな影響を受けます。なぜなら、在宅勤務は彼らのビジネスの性質を満たすことができないからです。一方、現在の状況に対処するために、多くの組織は、在宅勤務文化で働くことにどのように適応するのかを努力しようとしています。従業員は、伝染病が会社への被害を最小限に抑えるために、自宅で仕事をする必要があります。

A research conducted by Buffer shows the pros and cons of working remotely. Let’s have a look at the findings below.

Bufferが実施した調査では、テレワークの長所と短所が示されています。以下の調査結果を見てみましょう。

Looking at the survey result, most of the respondents said the biggest benefit of working remotely is to be able to have a flexible schedule. Working remotely gives them the ability to plan conveniently with more control over a schedule and what’s best is you can work in a way that suits you. Working from home is also a way to improve work-life balance where you can create a healthy balance between your career and personal life and have additional time to spend with your family.

調査結果から見ると、ほとんどの回答者は、テレワークの最大のメリットは柔軟なスケジュールを立てられることだと述べています。テレワークでは、従業員は、スケジュールをより細かく管理して便利に計画できるようになり、自分に合った方式で作業できます。在宅勤務は、仕事と生活のバランスを改善する方法でもあります。これで、キャリアと個人的な生活のバランスを健康に保ち、家族と過ごす時間を増やすことができます。

However, every coin has two sides. Although working remotely may seems to bring great convenience, but there are still some drawbacks that they’ve experienced.

しかし、すべての物事には両面性があります。在宅勤務は非常に便利ですが、いくつかの欠点もあります

Majority of the respondents mentioned the main challenges of working remotely is the communication barrier. Poor communication and working practices among remote teams are widespread. They are over-reliance on written methods such as email and text messages which resulted in inadequate or unclear communication that is usually lacking focus.

多くの回答者はテレワークの主な課題はコミュニケーションの障壁であると述べています。テレワークのチーム中のみんなは、コミュニケーションや作業慣行の欠如がよく見られます。メールやテキストメッセージなどの書面による方式に過度に依存しているため、コミュニケーションが不十分または不明確であり、通常は焦点を絞っていません。

However, these problems are solvable with the advanced technologies we have. If written messages cannot accurately convey the meaning, conference call may be an ideal option. しかし、これらの問題については私たちの高度な技術で解決することができます。書面情報が意味を正確に伝えていないなら、電話会議が理想的ななオプションであるかもしれません。

Most employers are deeply sceptical about working remotely. The main reason here is lack of control and trust. Some indiscipline employees will exploit the advantages of working remotely by not putting full focus and effort into their job because they are not under company supervision. Hence, tasks assigned to them are not completed productively at home.

ほとんどの雇用主はテレワークでの仕事に深く疑っています。主な理由は、コントロールと信頼の欠如です。テレワークを利用し、会社の監督下にないため、すべての注意とエネルギーを仕事に集中させない一部の無規律な従業員もいます。したがって、彼らに割り当てられたタスクは、自宅で効率的に完成することができません。

As an education provider which our business nature is fully online, we’re here to share with you some tips to boost your productivity and tasks can be completed seamlessly when you’re working from home!

オンラインビジネスの性質を持つ教育プロバイダーとして、私たちはあなたに仕事の効率を改善するためのヒントを共有します。在宅勤務をするとき、タスクはシームレスに完成することができます!

1. Build a comfortable workspace

1.快適なワーク環境を構築する

Make an area of your home where you will work. Commit to working in this space every day. Be sure your workspace is quiet so you can focus on the task at hand. This could be an empty or spare bedroom that you convert to a home office and remember to set up a desk for your computer and office supplies.

家の中で毎日働く場所を作ります。手元の仕事に集中できるように、作業環境が静かであることを確認してください。空いている部屋でも空いているの寝室でもかまいません。家庭用のオフィスに変更することもできます。コンピュータと事務用品のテーブルをお部屋にい置いてください。

2. Set real work hours

2. 実際の勤務時間を設定する

Although you’re working from home, make sure to be discipline by maintaining your work hours and completing tasks given. Work like how you did in your office.

自宅で作業しますが、作業時間とタスクが完了していることを確認する必要があります。 会社のオフィスでの仕事と同じように作業します。

3. Discover your high productivity periods

3. あなたの仕事の高い効率を発見する

For those who think they are not so productive working 9am-6pm or 10am-7pm, you may build your work schedule around your peak productivity periods as long as you complete what you should and not affecting your work performance.

午前9時から午後6時または午前10時から午後7時ほど効率が低いと思う人は、仕事のパフォーマンスに影響を与えずに、必要な作業を完了する限り、最も効率の良い時間帯にスケジュールを組むことができます。

4. Set your to-do list daily

4. to-doリストを毎日設定する

It can be challenging to keep track of what you have to do throughout your workday when you’re working from home. It’s easy to lose sight of priorities, tasks, and deadlines if you’re lack of discipline and there’s no one to supervise you. Start your day every morning by reviewing priorities for the day. When you make your task list, stick to it.

在宅勤務をするとき、毎日何をしているのかを追跡することは困難です。規律が欠如していて、誰もあなたを監督していない場合、優先順位、タスク、期限を簡単に見過ごすことになります。1日の優先順位を確認して、毎日始めます。タスクリストを作成するときは、必ずそれに従ってください。

5. Take short breaks and reward yourself

5. 短い休憩を取り、自分に報酬を与える

It is important to stay productive but that doesn’t mean you can’t give yourself a break. Sometimes we end up over-committing and working too much, which also kills productivity. Do you know that taking short breaks can increase productivity and creativity levels? Grab healthy snacks in between and continue working!

高効率を維持することは重要ですが、休憩する機会が与えられないという意味ではありません。時々、私たちはコミットしすぎて働きすぎると、効率も低下します。短い休憩は効率と創造性を高めることができることを知っていますか?健康的なスナックを食べて、仕事を続けてください!

Not to worry fellow employers! Working remotely doesn’t mean everything will be out of control. You still can monitor business operations by setting tasks with deadlines, view team activities regularly and conduct weekly video conferences.

同僚のことを心配しないでください!テレワークで作業しても、すべてが制御不能になるわけではありません。タスクの期限を設定してビジネスの運用を監視したり、チームの活動を定期的に確認したり、毎週のビデオ会議を開催したりできます。

Featured Posts
Recent Posts