UK & US Degree. Which One Should You Choose? イギリスとアメリカの学位。どちらを選ぶべきですか?


According to the world university rankings published by Times Higher Education, more than 50% of the world’s top 200 universities are located in either the US or the UK. When it comes to planning for Higher Education, US and UK will definitely be the two most preferred choices for many people. Both countries are famous for their rich tradition of quality higher education, excellent research facilities, and a culture that fosters intellectualism as well as academic freedom. It is well known that both US and UK certainly provide an excellent environment for learning hence it is a tough decision to make between these two. In this article, we will discuss the primary differences between the American and British systems of higher education.

タイムズ・ハイヤー・エデュケーションが発表した世界の大学ランキングによると、世界の上位200大学の50%以上がイギリスとアメリカにあります。高等教育計画を言うと、米国と英国が間違いなく多くの人にとって2つのお気に入りの選択肢です。高等教育の計画に関しては、アメリカとイギリスが多くの人にとって間違いなく最も好ましい2つの選択肢になります。両国は、質の高い高等教育の豊かな伝統、優れた研究施設、知性と学問の自由を育む文化で知られています。誰もが知っているように、アメリカとイギリスはどちらも優れた学習環境を提供しているので、どちらを選択するかは難しい決断です。この文章では、アメリカとイギリスの高等教育制度の主な違いについて説明します。

1. Study Duration

研究期間

First and most importantly, education system is the key difference between the US and the UK, which largely affects the study duration for both. Courses in the UK are generally shorter than courses offered by universities in the US, which can save your time and money.

まず最も重要なのは、教育制度がアメリカとイギリスの主な違いです。それは両国の研究期間に大きな影響を与えます。イギリス大学のコースは通常、アメリカよりも短いため、時間と費用を節約できます。

In a broad overview, study duration varies based on the programmes for the US and the UK are shown below:

大まかな概要として、研究期間はアメリカとイギリスのプログラムによって異なります。

Undergraduate degrees usually take 3 years to complete in the UK compared to 4 years in the US. Postgraduate degrees in the UK take just 1 year to complete. Whereby in the US, students would need to take 2 years to earn their degree. Studying a degree in UK basically means you can save your tuition fees and living costs, plus you’ll be able to start your career earlier. The main reason of the shorter course duration in the UK is attributed by a much more focused programme syllabus than in the US.

イギリスでは、学士号を取得するには通常3年かかりますが、アメリカでは4年かかります。イギリスでは、修士号は1年で取得することができ、アメリカでは2年取得する必要があります。イギリスで学位を取得することは、授業料と生活費を節約でき、さらにキャリアをより早く始めることができることを意味します。イギリスのコース時間が短い主な理由は、シラバスが米国よりも焦点をあわせることです。

2. Academic Term

学期

Most universities in the US begin their terms in mid to late August, although smaller liberal arts colleges may start later. Most take a rather lengthy break beginning in mid-December and begin the second semester in early to mid-January. However, universities that are on different calendars, such as a trimester or quarter-based system, may begin their winter break at the Thanksgiving holiday, which falls at the end of November.

アメリカのほとんどの大学は8月中旬から8月下旬に始まりますが、小規模のリベラルアーツカレッジは学期の開始を延期するかもしれません。ほとんどの学校は、12月中旬から長期休暇を取り、1月上旬から1月中旬に2学期を開始します。ただし、学期や四半期ベースの制度などカレンダーが異なる大学は、11月末の感謝祭休暇から冬休みを開始する場合もあります

The academic term in the UK is a bit more varied. While most also use the semester system, the trimester and quarter systems are used in some universities. Many schools start in September or October and end in May or June, making for a slightly longer academic year. UK Christmas breaks tend to be shorter, but students will get another holiday over Easter soon after. The academic term is less standardized throughout the United Kingdom. It is advisable that you ask your university for their academic calendar and follow accordingly.

イギリスの学期はより多様です。ほとんどは学期制も使用していますが、一部の大学では3 学期制と四半期学期制を使用しています。多くの学校は9月または10月に始まり、5月または6月に終わります。そのため、学年は少し長くなります。イギリスのクリスマス休暇は比較的に短いですが、学生はすぐにイースターの休日を迎えます。イギリスでは学期はあまり標準化されていません。大学に学期カレンダーを尋ね、それに応じて行動することをお勧めします

3. Course specialization

コース専門化

UK universities allow students to choose their subject based on different specialization whereas courses in the US offer you a more general education with a variety of subjects out of your specialisation. That means there is a wide range of very specialised courses in the UK and these courses are ideal if you have a clear idea of what you want to study and you are considering a specialist career.

イギリスの大学では、学生がさまざまな専門分野に基づいて科目を選択できますが、アメリカの大学では、専門分野以外のさまざまな科目を含めて一般的な教育を提供しています。つまり、イギリスには非常に専門的なコースが数多くあります。勉強したい専門について明確に理解していて、プロとしてのキャリアを検討している場合は、これらのコースが最適です。

By contrast, in the US, you apply to the larger university and for the first year or more, you get to take courses from a variety of fields and have a big picture of what kind of career path the courses may lead you to. You are then required to declare a major at the end of the first year or perhaps even during the second year. However, even after you declare a major at an American university, you are still expected to take classes outside of that field, known as “electives.”

逆にアメリカでは、あなたは大規模な大学に出願していますから、1年目以降はさまざまな分野のコースを受講できますが、どのような進路で進学できるのでしょうか。最初の1年以上は、さまざまな分野のコースを受講し、コースがどのような職業の道に導いてくれることについてだいたい了解できます。その後、1年目または2年目の終わりに、専門を選択する必要があります。しかし、アメリカの大学で専門を選択しても、専門以外のコース、いわゆる「選択科目」を習得する必要があります。

Therefore, we can say that the general emphasis of higher education in the US is breadth, students are encouraged to learn a range of knowledge from a variety of different subjects. In the UK, the emphasis is more on depth, focusing on the major you declared and getting a very thorough understanding of your chosen subject.

したがって、アメリカの高等教育制度の重点は幅広であると言え、学生がさまざまな異なる科目からさまざまな知識を学びます。英国では、発表する専攻に焦点を当て、選択したトピックを非常に包括的に理解することに重点が置かれます。英国では、あなたが選択した専門に焦点を当て、より深く掘り下げ、専門を非常に完全に理解することを重視しています。

4. Homework and Grades

宿題と成績

US system emphasizes breadth, hence there are lots more assessments throughout the semester. Courses may require weekly or even biweekly readings as well as other assignments such as small writing projects, major research papers, quizzes and oral presentations.

アメリカのシステムは幅広を強調しているため、学期には多くのアセスメントがあります。コースでは、週に1回または2週間に1回の読書だけでなく、小規模なライティングプロジェクト、主な研究論文、クイズ、口頭レポートなどの他の課題もある場合があります

In the UK, most of the universities’ modules will have two or three major assessments throughout the semester. Some may have only one or two coursework and a big exam at the end.

英国では、ほとんどの大学モジュールは、学期には2〜3の主要なアセスメントがあります。最後に1つまたは2つのコースと大きな試験がある場合もあります。

5. Cost

費用

UK tuition fees are hardly cheap, but American universities are seriously costly.

英国の授業料はほとんど安いですが、アメリカの授業料は非常に高いです。

According to a law passed in 2012, universities in UK may charge up to £9000 (approximately 1,228,086 Japanese Yen) per year. Of course, this applies only to the citizens of the UK and the EU, not international students. Fees for international students can be significantly higher.

2012年に可決された法律によると、イギリスの大学は年間9000ポンド(1,228,086 円,/SGD 16,000/HKD91,000/AUD17,000/NZD18,200/MOP94,000)です。もちろん、これはイギリスと欧州連合の市民にのみ適用され、留学生には適用されません。留学生の授業料はもっと高いかもしれません。

By contrast, the government has very little control over what universities charge in the United States. Most of the top US universities are private and average fees for a four-year course are £27,808 (approximately 3,794,515 Japanese Yen) a year. In many cases, fees will exceed this amount. The US differentiates between in-state tuition fees and out-of-state tuition fees, as well as between private and public universities. These distinctions determine the tuition fee.

それに比べて、政府はアメリカの大学の料金をほとんど管理していません。アメリカのトップの大学のほとんどは私立学校であり、4年間のコースの平均授業料は年間27,808ポンド(約MOP290,000/ 3,794,515 /SGD49,000/HKD281,000/AUD53,000/NZD56,100)です。多くの場合、コストはこの金額を超えます。アメリカでは、州内の授業料と州外の授業料、および私立大学と公立大学が区別されています。これらの違いによって授業料が違っています

Conclusion

結論

While both countries carry the same weight in delivering outstanding education, you should take into consideration the various differences mentioned in this article, especially the amount of time it takes to complete the degree, the fees and whether you prefer more depth or more breadth in your degree programme for a seamless study experience.

両国とも質の高い教育を提供していますが、この文章で述べたさまざまな違い、特に学位を取得するのに必要な時間、費用、学位コースでより深い学習とより幅広い学習のどちらを得るかを検討する必要があります。

Featured Posts
Recent Posts